iFaceをお使いのお客様へ

TOPブログニュース

沢山のお客様に修理にお越しいただいていると、ふと気づくことがあります。


今回は、皆様がお使いのiPhoneケースについてです。

若い人に人気のiFaceってケースご存知ですか?

iface_modal_fc.jpg

こんな感じのチョットゴツイケースです。

素材はTPU素材の上にポリカーボネイトを貼り付けたもので、衝撃に強い造りなっているとのことです。
TPU素材とは"熱可塑性ポリウレタン"のことで、シリコンより硬いですがプラスチックよりも柔らかい丁度中間のような素材です。

このiFace、かわいいキャラクターものも結構あり、オシャレ女子にも人気ですよね~!

41-8433_LRG.jpg

ただ、多くのお客様の修理をさせていただいている中で、iFaceをお使いのお客様共通の壊れ方があることに気づきました。

iFaceは、iPhoneのエッジ部分もTPU素材でカバーしてくれるため、ガラスを打って割れることは少ないです。
その為、このiFaceをお使いのユーザは、「iFaceだから落としても大丈夫!」と結構安心してる人も多いのではないでしょうか??

確かに、割れることは少ないのですが、液晶パネルやタッチパネルに不具合が発生する確率が高いです。
iFaceをお使いのお客様の修理で多いのは、

・液晶に縦縞が入った
・液晶が点かなくなった
・タッチ操作ができなくなった

というものです。
どれもガラスが割れていることは少ないです。

原因は、私が想像するには、『素材が硬すぎる』ことだと思います。
落としてしまった時に、ガラスは打たないので割れませんが、衝撃がiPhone内部に通ってしまい、液晶パネルやタッチパネルに損傷を与えているものと思われます。

液晶パネルやタッチパネルの損傷であれば、ガラス割れ同様にフロントパネルというパーツ交換で修理は可能です。
が、基盤(ロジックボード)に損傷が出ると、修理は不可能となってしまいます。


ですので・・・


『自分、iFaceに入れてるから落としても大丈夫なんっす!!』

なんて考えは、この際キッパリと捨ててください(^.^)

ガラスは割れなくても、他のパーツがダメージ受けますよ!!


どうして、もう少し衝撃を吸収してくれる素材にしないんでしょうかねぇ・・・(-_-;)